元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事石垣島

| 沖縄料理 | 魚料理のコツ |

みそつけ焼き

お弁当のおかずにぴったりの魚料理は、つけ焼きや照り焼きです。なかでもしょうゆにつけたつけ焼きは、多少鮮度が落ちてしまい、お刺身はもちろんのこと、塩焼きにするのもちょっとおいしく召し上がれそうにないときは、つけ汁につけて「つけ焼き」にしてみてはどうでしょう?


⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 魚料理 みそつけ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しょうゆつけ焼き

魚料理の定番中の定番は、「焼き魚」ですよね。その焼き魚の代表的な3つを紹介します。

⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 魚料理 しょうゆつけ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

照り焼き

お魚のおいしさは、素材の新鮮さにあります。調理法がシンプルであればあるほど、鮮度がおいしさの鍵となります。お刺身はもちろんのこと、シンプルに塩だけでいただく、塩焼きもやはり鮮度に大きく左右されます。

⇒この続きの記事を見てみる
タグ:照り焼き
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 魚料理 照り焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼き魚の種類

ご家庭で人気の魚料理のひとつは焼き魚ですよね。
焼き魚には、大きくわけて、1.直火焼き、2.包み焼き、3.フライパン焼きがあります。


⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 焼き魚の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼き魚

焼き魚ほど、よく食卓に上るおなじみの魚料理でありながら、いま一つ、うまくいかない!というものはないのではないでしょうか?魚料理のコツは・・・特に焼き魚のコツは何でしょうか?


⇒この続きの記事を見てみる
タグ:焼き魚
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 魚料理 焼き魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刺身のあしらい

スーパーで買ってきた、お刺身の盛り合わせ・・・まさか?そのままパックで食卓にのぼってはいませんよね?

⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 魚料理 刺身のあしらい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お刺身のつけしょうゆのアレンジ

魚「料理」とは・・・ちょっといえないかもしれませんが、お魚が食卓に上る形として、「お刺身」は、最もおなじみの魚のいただき方の一つですよね。


⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | お刺身のつけ醤油のアレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いかの下ごしらえ

ご家庭でおなじみの魚料理・・・正確には「魚介料理」・・・の素材のひとつとして「いか」がありますよね。


⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | イカの下ごしらえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手開き

魚料理をおいしく作るコツは、新鮮な魚を購入して、ご自宅でご自身の手で下ごしらえ・・・おろしや水洗いなど・・・をすることです。


⇒この続きの記事を見てみる
タグ:手開き
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 手開き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚のおろし方

最近では、魚をおろして内臓などもきれいに取った魚をパックにして売っている光景をよく見かけます。確かに便利ですし、手軽に魚料理を楽しむために、うれしい配慮だと思います。でも・・・本当においしい魚料理をぜひ、召し上がっていただくためのコツとして、ぜひ、一般的な魚のおろし方をマスターしていただけたらと思います。


⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 魚の下ろし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚選び

魚料理のコツの一つとして、どのような魚を選ぶかも大切なポイントです。新鮮な魚を選ぶことができる「目」を養うことが大切ですね。

⇒この続きの記事を見てみる
タグ:魚選び
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 魚選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水洗い

何事でもそうですが、何かをうまくするコツは、下準備をきちんとていねいに行うことです。
魚料理の下ごしらえ、つまり焼いたり、煮たりといった「調理」の下準備として最も大切なのは、「魚の水あらい」です。
おいしい魚料理のコツである、魚の下ごしらえは、魚によって違います。基本的には、次の手順となります。

⇒この続きの記事を見てみる
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 水洗い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下ごしらえ

下ごしらえ
沖縄料理 魚料理のコツ

iwasi.jpg


最近では、魚を料理するといっても、スーパーで下ごしらえがすんだパックの魚を購入して、自宅で焼くだけ!あるいは、あらかじめ焼いてある魚を買ってくる!!という方も多いかもしれませんね。

料理の下ごしらえとは、材料や調理法によって不要なところを取り除いて丁寧に洗ったり、調理にふさわしいように切る、おろすといったりする作業を言います。つまり、調理の下準備ですね。
魚料理を失敗なく作るコツは?
ずばり・・・この「下ごしらえ」にあります。小魚や貝類は鮮度が落ちやすいので、早めに下ごしらえをするほうがいいでしょう。イワシは、「鰯」と書きます。傷みやすい「弱い」「魚」なのです。

また、魚は内臓をとった1匹のものよりも、切り身のほうが傷みやすいのです!意外では?ということは、スーパーで切り身で売っている魚は、傷みが早いということです!魚料理のコツとしてぜひ、覚えておきましょう。

また、外側が汚れていると、そこから傷みや臭みが発生するので、海水程度の塩水で洗うことをお勧めします。ただし、例外は、アジなど、食塩水のなかでこそ繁殖する菌(「好塩菌」といいます)がいる魚です。このような魚の場合は、真水で洗います。

また、ご承知のとおり、魚は暖かいところでは鮮度が落ちやすいです。下ごしらえをしたら、表面が乾燥しないうちに濡れふきんかラップフィルムで全体を覆い、すぐに冷蔵庫へ直行させましょう。

下ごしらえのコツ、基礎知識を身につけるだけで、魚料理の達人になれます!コツをおさえて、おいしい魚を毎日でも、お召し上がりください。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


タグ:魚料理
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 08:38 | Comment(0) | 下ごしらえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
三重を代表するケーブルテレビ企業である株式会社アイティービーが、
伊勢志摩をはじめとする三重の特産品が買えるオンラインショッピングモール
伊勢志摩の旅 よいとこせ 伊勢志摩の特産品 美し国市場
を開始しました。

三重ブランドとして三重県に認定された商品、伊勢えび、的矢カキ、熊野のひものなど、
知名度の高い商品や、「どっちの料理ショー」などテレビ、雑誌、新聞などの
メディアで紹介されている商品ばかりです。
ぜひ、三重、伊勢志摩の特産品を堪能してください!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。