元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事石垣島

| 沖縄料理 | 魚料理のコツ |

かす漬け焼き

かす漬け焼き

今夜はちょっとおしゃれな魚料理はいかがでしょう?
かす漬け焼きは、基本のかす床とちょっとしたコツをマスターしてしまえば、実は意外に簡単です。魚料理のレパートリーを増やすコツです。おじいちゃんやおばあちゃんにも喜ばれます。
日本酒にもぴったりですよ!お父さんのお気に入りのお酒の肴になるのでは?



しっかりと味がついているので、お弁当のおかずにもぴったりです。
かす漬けには、ブリやアマダイ、さわらなどの脂がのった魚が合います。魚は薄塩をして4?5時間したものを漬け込みます。身の薄いものは30分から1時間程度でも大丈夫です。
漬け込む時間は、2〜3日が限度です。それ以上おくと、素材本来の味が失われてしまいます。
かす床は、基本的に3回までが限度ですね。材料の水分で水っぽくなったらぬか味噌などを加えるとよいでしょう。

≪かす床≫


基本の割合を覚えましょう。
・練りかす・・・250g
・酒・・・カップ2分の1
・みりん・・・大さじ2分の1


練りかすだれの作り方とつけ方
1.練りかすは他の調味料を加えて、泡だて器で混ぜます。
2.平らなバットに1の半量を平らに敷きます。その上にガーゼを敷いて魚を並べます。3.魚の上にもう一枚、ガーゼを敷きます。そのうえに残りの練りかすを平らに敷きつめて、しばらく置きます。


焼きかた
練りかすがついていると焦げ易く、見栄えが悪くなります。はしかぬれふきんで丁寧にぬぐってから中火の遠火で焼きます。洗ってしまわないこと!味が落ちてしまします。


posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 12:55 | Comment(0) | 魚料理 かす漬け焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
魚料理のコツ【魚料理を美味しくいただくコツ】
魚料理のコツ 下ごしらえ 魚料理のコツ 水洗い 魚料理のコツ 魚選び 魚料理のコツ 魚のおろし方 魚料理のコツ かつお料理 魚料理のコツ 手開き 魚料理のコツ いかの下ごしらえ 魚料理のコツ お刺身のつけしょうゆ 魚料理のコツ 刺身のあしらい魚料理のコツ 焼き魚 魚料理のコツ 焼き魚の種類 魚料理のコツ 照り焼き 魚料理のコツ しょうゆつけ焼き 魚料理のコツ みそつけ焼き 魚料理のコツ 煮魚の基本 魚料理のコツ 揚げ物 魚料理のコツ 蒸し魚 魚料理のコツ 酢の物魚料理のコツ お刺身のわき役魚料理のコツ かす漬け焼き 魚料理のコツ からし酢みそ 魚料理のコツ 煮魚魚料理のコツ タコを煮るコツ 魚料理のコツ 旬の魚 魚料理のコツ 青魚の筒煮魚料理のコツ エビ天ぷら魚料理のコツ タコのゆで方 魚料理のコツ 串焼き 魚料理のコツ 新鮮な魚 魚料理のコツ 冷凍魚

PING送信プラス by SEO対策

三重を代表するケーブルテレビ企業である株式会社アイティービーが、
伊勢志摩をはじめとする三重の特産品が買えるオンラインショッピングモール
伊勢志摩の旅 よいとこせ 伊勢志摩の特産品 美し国市場
を開始しました。

三重ブランドとして三重県に認定された商品、伊勢えび、的矢カキ、熊野のひものなど、
知名度の高い商品や、「どっちの料理ショー」などテレビ、雑誌、新聞などの
メディアで紹介されている商品ばかりです。
ぜひ、三重、伊勢志摩の特産品を堪能してください!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。