元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事石垣島

| 沖縄料理 | 魚料理のコツ |

沖縄料理代表「 ソーキそば 」

沖縄料理 魚料理のコツ
沖縄料理代表「ソーキそば」

ソーキそば.JPG

「ソーキそば」は、沖縄を代表する料理「沖縄そば」「ソーキの煮付け」合体した料理です。ソーキ煮付けは、作るのに時間がかかる料理なので、ソーキ煮付けをたくさん作っておいて、残ったものは、沖縄そばの上にのせれば、「ソーキそば」としてまた活躍します。それでは、「ソーキそば」(4人前) のレシピを紹介します。

下ごしらえとして、豚ソーキ骨(アバラ骨の肉)300gを、たっぷりのお湯で茹でて、お湯をいったん捨てます。ソーキを水できれいに洗い、また約1時間たっぷりのお湯で茹でます。沖縄そば300gは、湯通ししておき、あさつきは適量を小口切りにします。

1、ソーキは、調味料(だし汁2カップ、にんにく・しょうが各小さじ1、にんじん・たまねぎ各1/2個、しょうゆ1/4カップ、砂糖1/4カップ、泡盛1/4カップ、みりん大さじ3 )で、柔らかくなるまで煮込んだら、火を止めてください。

2、だし汁5カップを鍋に入れて温め、塩としょうゆを適量加えて味付けします。

3、沖縄そばを、器に盛り付けて、2の汁を注ぎ入れます。

4、3にソーキ煮付けとあさつき、紅しょうが少々を上に盛り付けたら完成です。

ソーキには、余分な脂肪が付いているので、脂肪を一度茹でこぼすことによって、脂っぽさがなくなり、さっぱりとします。
「沖縄そば」は、小麦粉だけで作られており、太さは、ラーメンの麺より少し太めです。中国から伝えられた料理の1つだそうです。沖縄のスーパーでは、茹でて油がまぶされた沖縄そばが売られているので、それを使う家庭が多いです。そばのだしも、さまざまな種類が市販されています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 15:02 | Comment(0) | 沖縄料理 ソーキそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
三重を代表するケーブルテレビ企業である株式会社アイティービーが、
伊勢志摩をはじめとする三重の特産品が買えるオンラインショッピングモール
伊勢志摩の旅 よいとこせ 伊勢志摩の特産品 美し国市場
を開始しました。

三重ブランドとして三重県に認定された商品、伊勢えび、的矢カキ、熊野のひものなど、
知名度の高い商品や、「どっちの料理ショー」などテレビ、雑誌、新聞などの
メディアで紹介されている商品ばかりです。
ぜひ、三重、伊勢志摩の特産品を堪能してください!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。