元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事石垣島

| 沖縄料理 | 魚料理のコツ |

沖縄料理の定番 ゴーヤーチャンプルーの作り方

沖縄料理 魚料理のコツ
ゴーヤーチャンプルーの作り方



沖縄料理の定番中の定番 ゴーヤチャンプルー

沖縄料理
の定番野菜の代表と言えば「ゴーヤー」ですよね。沖縄では、100g 30円〜と、信じられないほどの安さで売られています。ゴーヤーは、ビタミンCが豊富に含まれています。沖縄のゴーヤーは、歯ごたえは、シャキシャキとしていて、苦みだけではなく、とても旨みが詰まっていておいしいです。それでは、沖縄の定番料理「ゴーヤーチャンプルー(にがうりの炒めもの)」(4人前)のレシピを紹介します。

1、ゴーヤー600gは、縦半分に切って、中の白いワタと種をスプーンで取り除き、水で洗って薄く切ります。

2、油適量をフライパンで熱し、ゴーヤーを強火でサッと炒めます。

3、手で島豆腐1/2丁をちぎって入れ、炒めます。

4、コンビーフハッシュ中1缶を加えて炒め、塩とだしの素をそれぞれ小さじ1加えて味付けします。

5、卵2個を割り入れてサッと混ぜ、ふたをして火を止めます。卵が余熱で半熟になったら完成です。

ゴーヤーが固い場合は、2で少し水を加えて、ふたをして蒸し焼きにしてください。ただし、歯ごたえがなくなるほど柔らかくならないように、気をつけましょう。また、コンビーフハッシュは、味付けが濃い目なので、調味料を入れ過ぎないようにしましょう。

はじめてのゴーヤー+島やさい図鑑

はじめてのゴーヤー+島やさい図鑑

  • 作者: 八月社
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2009/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ゴーヤーは、キャベツの約4倍ものビタミンCを含んでいます。しかも、ほかの野菜に比べて、ゴーヤーは、加熱してもビタミンCが壊れにくいです。最近では、脂肪の燃焼に効果的ということで、ダイエットにも最適な沖縄食材だと注目されています。
沖縄料理の定番、ゴーチャンプルーにぜひ、挑戦してみてください。

沖縄産です。外国産ではありません!100%果汁のノニジュースをぜひ!!
posted by 沖縄料理 魚料理 記録の細道 at 10:30 | Comment(0) | 沖縄料理 ゴーヤチャンプルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
三重を代表するケーブルテレビ企業である株式会社アイティービーが、
伊勢志摩をはじめとする三重の特産品が買えるオンラインショッピングモール
伊勢志摩の旅 よいとこせ 伊勢志摩の特産品 美し国市場
を開始しました。

三重ブランドとして三重県に認定された商品、伊勢えび、的矢カキ、熊野のひものなど、
知名度の高い商品や、「どっちの料理ショー」などテレビ、雑誌、新聞などの
メディアで紹介されている商品ばかりです。
ぜひ、三重、伊勢志摩の特産品を堪能してください!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。